日本国際工科専門学校

〒270-0034
千葉県松戸市新松戸4-2-1

入学Q&A

日本国際工科専門学校の学校種は何ですか?

学校教育法に定める専修学校専門課程となります。卒業すると専門士の称号が授与されます。大学への編入学も可能です。

学校推薦選抜について、在籍校が指定校になっていない場合はどうしたら良いですか。

指定校は、近隣や、入学実績がある高等学校を中心に設定させて頂いております。それ以外の学校の場合でも、指定校に設定することが可能な場合がありますので、一度お問い合わせください。

学力試験の過去問題は公開されていますか。

サンプル問題を公開しています。

 

学力試験サンプル問題

 

授業料の分納は可能ですか。また、分納する場合、入学時に納付する金額はどのくらいですか。

授業料の分納は、「日本学生支援機構奨学金」を利用している場合に可能です。在学中の全期間で分割納入が可能です。

授業料と施設設備費が年10回の分割納付となります。入学時には入学金のみの納付となります。

入学手続き時に、学費分納願により手続きをしてください。詳細は手続き時にお問い合わせください。

 

交通機関の学割は利用可能ですか。また、自転車通学は許可されていますか?

本校は学校教育法に定められた教育機関(専修学校)であるため、いわゆる学割の利用が可能です。

自転車通学の場合、本校校舎には駐輪場が無いため、直接校舎まで乗り入れることは認めていません(特別な場合は除く)。近隣の駐輪場を利用しての通学は可能です。

学費はどのくらいかかりますか?

本校の学費は、

・授業料

・施設設備費

・入学金

のほか、

・教科書代(年度ごとに支払い)

・行事費、校友会費(入学時に支払い)

が必須となります。金額は募集要項でご確認ください。

それ以外には、

・資格試験の受験料(受験する場合)

・資格対策講座などの教材費(テキスト代、模擬試験などの実費)

を、対象となる場合に徴収します。

 

入学資格はどのようなものですか、高等学校を卒業している必要がありますか。

専修学校専門課程の入学資格は法令により定められており、原則として高等学校または中等教育学校を卒業するか、それに相当する場合(高等学校卒業程度認定試験(旧大学入学資格検定)に合格、文部科学大臣が認めた専修学校高等課程を卒業、外国における12年の教育課程を修了など)となります。

なお、学校独自の入学資格認定は現在のところ行っておりません。

卒業後、大学に編入学することは出来ますか。

本校は専修学校専門課程であり、卒業することで専門士の称号が授与されるため、大学への編入学資格があります。ただし、それぞれの大学が定める編入学条件も確認する必要があります。

入学式や、通常授業の服装はどのようにしたらよいでしょうか。

専門学校は就職に直結した学校です。学内でも企業説明会などのイベントを開催することが多く、そのような場合と、就職活動にはいわゆる「リクルートスーツ」を着用します。

そのため、入学時にスーツの準備をお願いしています。入学式はスーツ着用です。

通常授業時は私服ですが、就職関連の行事ではスーツ着用となります。

高校既卒者が入学する場合、年齢は何歳くらいの人が多いのでしょうか。

年齢は、職歴が無い人の場合は19歳から20歳までが多く、職歴がある場合は22歳から25歳までの人が多く入学しています。

なお職歴が無い場合、卒業時の年齢が25歳を超えると就職活動で不利になることは否めません。ただし、基本情報技術者試験などの資格を取得していることで状況は改善されます。

既卒者の場合、出願時に提出する書類は何が必要でしょうか。

高等学校卒業を証明する書類となります。具体的には、出身高等学校の卒業証明書などになります。

(2022年4月入学者対象)成績証明書は不要です。